そして誰もいなくなった 一口メモ

役に立つと思った知識や情報、思いついたこと、発見したことなどを書き留めておくサイトです。一口メモを募集しています。こちらからエントリーできます。


そして誰もいなくなった(ミステリ小説)・著者・アガサ・クリスティー
場所はイギリス。10人の男女がオーエンという人物から兵隊島と呼ばれる無人島の邸宅に招待される。オークブリッジ駅まで列車で行き、スティクルヘイブンまで迎えの者が車で送り、そこからモーターボートで兵隊島まで渡るようにとの案内が届く。
招待された10人は、ロレンス(老紳士で退職した判事)、ヴェラ(若い女性の体育教師)、フィリップ(元陸軍大尉)、エミリー(老婦人)、マッカーサー(元将軍)、アームストロング(医師)、アンソニー(車好きの青年)、ブロア(元警部)、トマスロジャーズ(執事)、エセルロジャーズ(執事の妻で料理人)
そして10人を招待した人物オーエン(謎)
7人が先にモーターボートで孤島の邸宅に到着し、そこで執事のロジャース夫妻が待っていた。遅れてアームストロング医師が到着する。
部屋のかざり棚の上にあった紙には、10人の兵隊さんが次々といなくなり、そして最後には誰もいなくなるという詩が書いてあった。
ミステリの女王とも言われるクリスティの作品。

ピックアップ
嵐は激しくなる一方だった。風がうなって、屋敷に襲いかかる。



COLUMN

特上カバチ21巻(原作・田島隆・漫画・東風孝広)
妻亡きあと、脳梗塞で倒れた時に介護をしてくれた妻と内縁関係(戸籍には入っていない)となるが、カゼをこじらせて死亡する。被相続人の子と遺骨や家屋に関して相続紛争が起こる。
主人公は多の事務所で働く行政書士の田村勝弘。登場人物は行政書士の住吉...

名古屋で人気の居酒屋「Nagoya Dining SAYURI 名駅店」。妖艶な着物のスタッフがおもてなしをしてくれるという居酒屋としては面白いスタイルのお店。値段も普通の居酒屋とあまり変わりません。
なごやめし飛騨牛、厳選焼酎、三河豚の石焼コース、季節の前菜、鮮魚お造り、ひつまぶし、天むす、手羽先の唐揚げ、味噌...