熱中症 一口メモ

役に立つと思った知識や情報、思いついたこと、発見したことなどを書き留めておくサイトです。一口メモを募集しています。こちらからエントリーできます。


熱中症は、室内で起こることも多く、上の階(特に屋根に近い部屋)の方がなりやすい。
上の階は屋根から吸収される太陽の熱が多く高温多湿になりやすい。

熱中症は、室内にいても起こる症状です。
温度が28度を超えていると危険信号。
扇風機のみの風を浴びることは、熱風を浴びることと同じで、熱中症対策としてはNG。
エアコンなどで室内の温度を調整するのが、熱中症対策として望ましい。
風呂は、ぬるま湯で入るのが良い。
高齢者の多くは室内で熱中症になっている。



COLUMN

迎香という名称のツボ。このツボを押すとめまい・鼻づまり・鼻水などに効果があるそうです。場所は小鼻の外側にある窪んでいるところ。

平井加尾は、土佐出身で坂本龍馬の幼馴染、龍馬より3歳年下の女性。龍馬の初恋の相手。
龍馬は14歳から剣術を始める。龍馬19歳、加尾16歳の時に、婚約をして江戸へ剣術修行へ行く。
一年の修行ののち土佐へ帰国。黒船のような大きい船を作りたいと加尾に告げる。
加尾は、藩からの命令で京都へ手...