恋愛弱者 一口メモ

役に立つと思った知識や情報、思いついたこと、発見したことなどを書き留めておくサイトです。一口メモを募集しています。こちらからエントリーできます。


恋愛は一度落ちこぼれると、再起不能に等しいほど好みの相手と出会える機会がなくなっていく。
勉強や仕事には、何歳であろうが再起をはかる手段はたくさんあるけど。
結婚も経験もなく人生が終わってしまった人を知ってるし、テレビで紹介されたこともある。ほんとうにかわいそうだ。なんのために生まれてきたんだろうって思う。
メディアは性交渉の経験が多い人を問題視することが多いが、本当は経験のない人の方が問題で、注目すべきところ(目の付けどころ)を間違えている。
この問題は、なんとかしなければいけない。
恋愛弱者を救済する方向へ社会を変えていく必要がある。

恋人や配偶者と出会ったきっかけのアンケートを見てみると、
職場・仕事先・友人の紹介・学校が圧倒的に多く、インターネットなど全く無関係のところから始まる恋愛・結婚というものは数%しかありません。
この結果を見る限り、近くに異性との出会いが全くない人は、圧倒的に不利であることが分かります。
一度進路を間違えると、縁がない人は相手を探そうにも、ほとんどの人が身近な所で出会いを探してしまっているため、相手を見つけることができなくなります。
まったく出会いのない人が相手を探そうにも、すでに相手がほとんどいない、ということです。

これでは近くに出会いのない人は、高い確率で、生涯独身(=孤独死・滅亡)という悲惨な運命をたどることになります。
この流れは、変えていかないといけませんね。
恋愛弱者(=環境弱者)を救済するために、出会いの方法をたくさん作り、広く普及させる必要があります。



COLUMN

バンクーバーオリンピック・スピードスケート 女子団体パシュート・決勝戦 日本vsドイツ 日本は、穂積雅子さん、小平奈緒さん、田畑真紀さんの3選手・・・。日本、前半は1.7秒もリードしてた。最後の最後にほんとうに僅差(100分の3秒)で逆転された。日本、銀メダル。残念だ!オリンピックでは過去最高の...

北村一輝が主人公のドラマ「宿命1969-2010」。主題歌はポルノグラフィティ「瞳の奥をのぞかせて」。
官僚である有川崇役を演じる北村一輝さんは、ディーラーの笹山宣子役を演じる小池栄子さんと付き合っていた。しかし総理大臣になりたいという目的のため、笹山宣子と別れ、幹事長の娘白井尚子(上原美佐)と結婚を...